• 2017年7月19日20:55:03更新

フォトスポットの宝庫♡浴衣で和文化イベント「和のあかり×百段階段 2017」

目黒・ホテル雅叙園東京にある東京都指定有形文化財「百段階段」。2016年、百段階段企画史上最高の9万人を動員した人気企画がこの夏パワーアップして帰ってきました。”和のあかり”を一堂に会した日本ならではのアートイルミネーションの世界を、ぜひ浴衣で堪能してみてください♡

目黒・ホテル雅叙園東京にある文化財「百段階段」。

昭和初期の芸術や伝統技術の粋を集めて作られた建築には、色彩豊かな七つの部屋には絵画や装飾がちりばめられています。

昭和の竜宮城と呼ばていたほどの豪華絢爛な内装は、他では味わえない迫力。

普段は一般公開されていないのですが、日本文化に触れられるような展示会を定期的に開催していて、会期中は特別に入ることができるんです♡通常撮影ができない文化財で、思う存分撮影できちゃうのはうれしすぎる◎

「和のあかり×百段階段 2017 ~日本の色彩 日本の意匠~」

今回訪れたのは、8月27日(日)まで開催中の「和のあかり×百段階段 2017〜日本の色彩 日本の意匠〜」。2015年の初開催以降人気を集めている展覧会で、2016年にはなんと9万人もの来場者が足を運んだそう。
「アート」「職人」「祭り」「サブカルチャー」というテーマのもとに、全国各地から集められた”和のあかり”は、まさに幻想的なイルミネーション。猛暑の夏を涼やかに彩ります。

そして、目玉はなんといっても、無形文化財「青森ねぶた」とのコラボレーション!
この「ねぶた」は、実際に2014年に「ねぶた祭り」に出陣したものが展示されており、古典「相馬太郎良門 妖術を修る」の一場面を模したもの。
色鮮やかで約3.5mの迫力ある「ねぶた」と豪華な壁・天井のアートがとにかくスゴイ。

その先の「草丘の間」には、滋賀県米原在住の切り絵作家である早川鉄兵氏の切り絵作品による、やさしいあかりの「清流の森」が出現。繊細な切り絵で描かれた大小様々な動物たちが出迎えてくれる、癒しの空間になっています。

会場には他にも、和をモチーフにしたステンドグラスや、文化財「百段階段」史上初のプロジェクションマッピングも今年登場しています。

日本全国のお祭りがいっぺんに味わえるのも、この展示の魅力。
約200個の金魚ちょうちんがかわいい山口県の「柳井金魚ちょうちん祭り」や、長崎の冬の風物詩「長崎ランタンフェスティバル」の巨大な龍とカラフルなランタンなども、ここ東京・目黒で期間中見ることができちゃいます。

全国各地から約200点の作品が集結しているので、見どころ満載です。

浴衣で気軽に楽しめるホテル雅叙園東京のプランがいい感じ

そして、今回和OW Nationが着用したのは、「着物レンタルwargo」の新作浴衣♡

ホテル雅叙園東京で毎年人気の「浴衣&お食事」プランが今年も楽しめます。リニューアルした新柄の浴衣プレゼントと着付けサービスもついて、さらに美味しいお食事と「百段階段」の見学もできるのがうれしい♡浴衣女子会や夏の思い出づくり、観光などにもオススメです◎

浴衣プランの詳細は下記のイベント記事をチェック◎

浴衣で文化財見学&食事プラン~夏の風物詩 ホテル雅叙園東京で楽しむ涼~

<開催期間>
2017年6月2日(金)~9月30日(土)※1日前までに要予約
期間内の金・土・日・月曜日限定
※除外日 8/28. 9/23.24.25

※アートイルミネーション 「和のあかり×百段階段展 2017」は8月27日まで!

出典:http://www.kimonobijin.jp/event/detail.asp?id=334

【展示概要】 「和のあかり×百段階段展2017 〜日本の色彩 日本の意匠〜」

浴衣女子イベントで、ホテル雅叙園東京「和のあかり」展のチケットGET

なんと8月6日(日)に開催する「和OW Nation」主催のイベント「YUKATA FUSION」にお越しいただくと、簡単な条件をクリアするだけで、ホテル雅叙園東京「和のあかり」展のチケットがもらえちゃうんです!(お一人様1枚まで)

ぜひ、お友達と参加して、今年の夏は浴衣や夏着物でフォトジェニックな写真を撮りまくっちゃいましょう♡

このまとめのライター

和OW Nation

  • facebook
和OW!(ワオ!)な日本文化を、世代・国境を越えて伝えていきます!

関連するまとめ

スポットアクセスランキング

先週のまとめランキング

もっと見る

話題のキーワード

スポット 人気キーワード

キーワード一覧

スポットおすすめ

まとめおすすめ

もっと見る