• 2016年10月27日4:14:56更新

カレンブロッソカフェ草履☆スタッフレビュー

【きもの都粋】日比谷シャンテ店の池本文香です。
新人スタッフ山口がカレンブロッソぞうりのレビューを書きましたので
ご紹介しますね。

一日中、立ち仕事の私。

カレンブロッソを履いていたので
毎日足に疲れを感じないことを、ふと感じた私。
えっ、これってもしかして、カレンブロッソのおかげ!
靴を履いてた時よりも疲れ知らず!
底がシューズの材質で厚い。
背の低い私には、それも嬉しい。
試してみようと、前から持っていた草履を履いて試してみてびっくり!
こんなに違いがあるなんて!
とにかく、カレンブロッソは疲れない、痛くない、カッコ良い。

山口は都粋スタッフとしてご縁をいただくまで、

九州でずうっと何十年も、きもの屋さんをしておりまして、
寸法のこと、着付けのこと、加工のことも、とってもくわしいんですが、
カレンブロッソぞうりのことは知らなかったそうなんです。

感動をそのまま、まとめてくれました。

カレンブロッソと皮の草履の履き心地の対比

【一般の草履】
・硬さ
踵が痛く夕方になるとジンジンして来た
・鼻緒
親指と第2指の間に違和感。紐の所が痛い
・足の疲れ
足のふくらはぎに怠さを感じた。
・体に影響
グッと腰が痛くなって、2日間は鈍痛が残った
・草履の底
フロアが硬いと足の裏に響いて、足裏に疲れを感じた。

【カレンブロッソ】
・硬さ
踵が痛くならない
・鼻緒
柔らかく全く痛くない
・足の疲れ
夕方になっても足が重くならない
・体に影響
足、腰ともに違和感なし
・草履の底
フロアが硬くてもコトコト響かない


*山口個人の感想です。

今では和装スタッフ全員が、秋号掲載カレンブロッソ履いてますよ。

【きもの都粋】日比谷シャンテ店はカタログ掲載商品の現物が見られるアンテナショップです。

秋号商品入荷しています!!

ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

【きもの都粋】
住所:〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテB1F

電話番号:03-6205-7829
営業時間:11:00~20:00

このまとめのライター

きもの都粋

  • 外部サイト
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • 外部サイト
  • 外部サイト
日本の粋の象徴である「きもの文化」をもっと身近に気軽に楽しんでいただける、きもの都粋。

関連するまとめ

和小物アクセスランキング

先週のまとめランキング

もっと見る

話題のキーワード

和小物 人気キーワード

キーワード一覧

和小物おすすめ

まとめおすすめ

もっと見る