• 2019年6月4日16:17:21更新

毎年悩む!浴衣に必要なもの!~これさえあれば大丈夫~

夏祭りに花火大会に盆踊り、今年も浴衣の季節が到来!・・・あれ?浴衣を着るのに何が必要なんだっけ?1年前のことなんて忘れちゃったよ~( ;∀;)毎年悩む、浴衣に必要な着付け小物を総チェック☆

夏祭りに花火大会、盆踊りも♪
夏は楽しいイベントが盛りだくさん!
そろそろ予定を立てる頃でしょうか。


「今年こそ浴衣たくさん着たい!」
「新しい浴衣が欲しい!」
「浴衣を着て、どこに行こうかな♪」

でもちょっと待った。
浴衣を着るには、浴衣や帯の他にも色々必要だったハズ・・・。
何が必要なんだっけ???

「毎年、着る直前に慌てて準備するから必要なものを覚えてないよ~"(-""-)"」
「よく分かんない、面倒くさい!」


そんな浴衣女子のために、
これさえあれば大丈夫!な着付け小物をまとめました。
是非、余裕があるこの時期にチェックしてみてはいかがでしょうか。

浴衣を着るのに必要なもの

①浴衣

まずは何と言っても浴衣!!
なりたいイメージによって、お好きな色柄を選びましょう♪
街の呉服屋さんには5月頃~、
大手アパレル系のお店は6月頃~、
店頭に様々な浴衣が並び始めます。

②帯

通常、浴衣には半幅帯(はんはばおび)を使用します。
麻素材などの涼しいものもありますが、
初心者さんにはポリエステルが結びやすくてオススメ★

兵児帯(へこおび)という柔らかいフワフワした帯もかわいらしくて、
リボン結びでも形になるので、こちらも初心者さんにオススメ★

浴衣の柄にある1色を選ぶとコーディネートは間違いないと言われています(^^)

③下駄

スニーカーより歩きにくいけど、和の雰囲気は抜群!
普段履き慣れている洋服用のミュールやサンダルをあえて合わせるのもモダン♪

浴衣を着る当日に備えて、近所の散歩などで履きならしておくと
当日の痛さが軽減されますよ。

④腰紐3本

着付けに使用する小物は人それぞれですが、
一番シンプルな方法が腰紐を使うこと。
補正に1本、胸紐で1本、ウエストに1本使用します。

⑤伊達締め1本

帯をまく前に浴衣を落ち着かせるために使用する伊達締め。
マジックテープタイプから、昔ながらの博多織のもの、ラクチンなゴムのギャザー入りのものまで
様々な種類があります。
どれも目的は一緒なので、好みに合わせてお選びください。

⑥タオル2~3枚

補正で使用します。
体型によって、使用する枚数が違います。
温泉で使用するような薄くて白いタオルが、調整しやすく透けないのでオススメです☆
腰紐が体に食い込むのを防ぐ効果もあります。

⑦肌着

ネットで「ゆかた下」と検索するといろんな種類が出てきます。
専用のゆかた下でなく、キャミソール・タンクトップ、レギンスなどでも十分代用可能です。

⑧帯板

帯をキレイに見せるためのもの。
厚紙などでも代用可能です。

⑨巾着

和柄の巾着の他にも、カゴバックや洋服に合わせているバッグでもOK♪
夏らしい涼しい素材のものだと、浴衣との相性がGOODです。

着付け方は人それぞれ♪みんな正解です♪

ここでは一般的な腰紐を3本使用するときに必要なものをご紹介いたしました。
着付けに便利なグッズはたくさん存在していて、
着付けする人によって必要なものも違ってきます。
前もって準備しておくと、当日慌てなくて良いので、
余裕があるこの時期にチェックしてみましょう(*^▽^*)

浴衣をたくさん楽しんでくださいね~♪

この記事のライター

Orange bird

  • 外部サイト
  • instagram
カジュアルキモノのセレクトショップ運営&初心者レッスン\(^▽^)/

この記事のキーワード

関連する記事

カテゴリ一覧

着物アクセスランキング

先週の記事ランキング

もっと見る

着物おすすめ

記事おすすめ

もっと見る