• LIKE1
  • 20view

【文化庁京都移転推進シンポジウム】文化のチカラで魅せる新しい未来

『文化のチカラで魅せる新しい未来』
Technology (技術) × Talent (才能) × Tolerance (みとめあい)

文化庁の京都移転の機運醸成を図ることを目的として,「文化のチカラで魅せる新しい未来~
Technology(技術)×Talent(才能)×Tolerance(みとめあい)~」をテーマに,「文化のチカ
ラ」で発展し続けている京都がこれから果たすべき役割や文化庁移転の意義について議論する
シンポジウムが開催されます。

✤ プログラム ✤
① 挨拶
西脇 隆俊(京都府知事)
門川 大作(京都市長)

② オープニング
天地雅楽(音楽ユニット)による演奏

③ パネルディスカッション
テーマは「文化のチカラで魅せる新しい未来 ~Technology(技術)×Talent(才能)×Tolerance(みとめあい)~」

〔パネリスト〕
・東 ちづる(女優、一般社団法人Get in touch 代表)
・吉藤 健太朗(株式会社オリィ研究所、代表取締役 CEO)
・吉本 光宏(株式会社ニッセイ基礎研究所、 研究理事)
・中岡 司(文化庁次長)

〔コーディネーター〕
・近藤 誠一(公益財団法人京都市芸術文化協会、理事長、元文化庁長官)

..............................................................

✤ 天地雅楽 ✤
現役の若手神職、巫女、伶人で平成15年に結成。日本古来の伝統音楽「雅楽」と神社で用いられる「神楽」と古典として伝えてゆくだけでなく現代だからこそできる工夫を加え、その存在感と可能性を示すべく活動。雅楽を代表とする三管(篳篥[ひちりき]・笙[しょう]・龍笛[りゅうてき])を中心に様々な異国楽器などと組み合わせ、オリジナル楽曲、カバー曲の制作と演奏、神楽(特に浪速神楽)や雅楽の演奏、巫女舞を披露。雅楽の魅力を現代風に表現し独自の世界を創り出す。

---------------------------------------------------

✤ お申し込み ✤
⑴ 申込期間▼
令和元年10月9日(水)~12月2日(月)必着
《申込多数の場合は抽選。当落に関わらず,連絡ハガキが送付されます》

⑵ 申込方法▼
◉「ハガキ」「電子メール」による申込み
記載必要事項を記入し,下記申込先へ送付してください。

《申込先》
文化庁京都移転推進シンポジウム事務局(株式会社関広内)
〒604-0857
京都市中京区烏丸通二条上る蒔絵屋町256番地 株式会社関広内
FAX:075-231-5476 /  E-mail: info@bunka-kyoto-iten.com

◉「ホームページ」による申込み
ホームページ(http://www.bunka-kyoto-iten.com

◉「FAX」による申込み
別添チラシ裏面下段に記載必要事項を記入し,そのまま送付
チラシ(https://www.atpress.ne.jp/releases/195734/att_195734_2.pdf

⑶ 記載必要事項▼
氏名,同伴者氏名(1 名まで可),郵便番号,住所,電話番号,電子メールアドレス,手話・要約筆記・ヒアリングループ(希望される方のみ)
  • 【文化庁京都移転推進シンポジウム】文化のチカラで魅せる新しい未来

このイベントの投稿者

WAi! WAi! JAPAN

  • facebook
  • twitter
  • 日本
Powered by KIMONO BIJIN

イベント情報