• LIKE4
  • 375view

都内最大級のあかりアート展!夏の人気イベント「和のあかり×百段階段2018」ホテル雅叙園東京

累計来場者数23万人という都内最大級のあかりアート展「和のあかり×百段階段2018 ~日本の色彩、日本のかたち~」が、今年も日本美のミュージアムホテル「ホテル雅叙園東京」の館内にある東京都指定有形文化財「百段階段」で7月7日から9月2日まで開催されます。

第4回目となる今回は「青森ねぶた」をはじめ、日本各地から「祭り」「アート」「デザイン」「職人」「テクノロジー」をテーマに63団体、1,000点を超える作品が集結。

文化財を華やかに彩る究極の日本美イルミネーションを楽しめます。
全作品の写真撮影も可能!

<見どころ>
★ その1
ねぶた界初の試みとして現地青森では実現しない「3流派による完全新作の共同作品」に注目。青森ねぶた祭り最終日の海上運行の様に水面に浮かぶ「ねぶた」をイメージした幻想的な作品です。その昔、筍の産地として知られ竹林にあふれた目黒と、部屋のモチーフとして描かれている平安時代に誕生した「竹取物語」の世界を美しく創り上げています。

★その2
国宝「姫路城」や「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」など数々の大舞台を沸かせてきた、光りの空間演出をするインスタレーションアート集団「ミラーボーラー」の新作が美しい!

★その3
日本画家 間島秀徳氏が、6年の歳月をかけ、昨年末に完成させた3部作、幅6.8m 高さ2.2mにおよぶ大作!今回が初の3部作同時展示となります。

★その4 
今年も特別開放されている「百段階段」の頂上にあたる第8の部屋で特別な筆を用いて光の落書きが楽しめます。

★その5 
「百段階段」史上初となる試みとして日本上陸10周年を迎えるイスラエル発のボディケアブランド「SABON」による香りの演出が実現。日本からインスピレーションを受けて作られた特別なコレクション「Decade」の香りを五感で感じることができます。


展示会場となる文化財「百段階段」は、当時屈指の芸術が残るとっても素敵な建物。
昭和初期を代表する様々な画家たちが描いた126枚の日本絵画や、職人技が光る装飾に囲まれた、色彩豊かな複数の部屋が存在します。

着物・浴衣のお出かけにオススメです◎

昨年の様子はこちら▼
https://www.kimonobijin.jp/contents/detail.asp?c=4&id=344

公式ウェブサイトはこちら▼
http://www.hotelgajoen-tokyo.com/event/wanoakari2018
  • 都内最大級のあかりアート展!夏の人気イベント「和のあかり×百段階段2018」ホテル雅叙園東京
  • 都内最大級のあかりアート展!夏の人気イベント「和のあかり×百段階段2018」ホテル雅叙園東京
  • 都内最大級のあかりアート展!夏の人気イベント「和のあかり×百段階段2018」ホテル雅叙園東京

このイベントの投稿者

KIMONO BIJIN

  • facebook
  • instagram
  • twitter
女の子の着物メディアKIMONO BIJIN

イベント情報