• LIKE4
  • 1627view

夢二がいざなう大正ロマン ―100年前の文化と女性を中心に―

日本を代表する挿絵画家の竹久夢二作品を鑑賞できる東京都内唯一の美術館【竹久夢二美術館】にて展覧会「夢二がいざなう大正ロマン ―100年前の文化と女性を中心に―」が2022年1月29日(土)から5月29日(日)まで開催されます。

今から100年前の大正時代(1912-1926)は、わずか15年の短い年月でしたが、近ごろ「大正ロマン」と呼ばれる古き良き文化や風俗が注目されています。

本展では、大正ロマンを象徴する画家・竹久夢二の芸術と自由恋愛をクローズアップしながら、同時期に花開いた抒情画(じょじょうが)、芸能、おしゃれ、文化生活を振り返ります。また、この時代を過ごした年若い女性である女学生・令嬢・モダンガールにスポットを当て、彼女たちのライフスタイルや流行風俗にも着目。レトロでノスタルジックな趣に留まらず、現代にも通じる魅力に満ちた、大正ロマンの世界をたっぷり堪能することができます。

会場にはアンティーク着物店Ponia-pon店主で着物スタイリストの大野らふさん協力による、大正ロマンをイメージしたアンティーク着物コーナーも!

アンティーク着物好きなら絶対行きたい注目の展覧会。お見逃しなく♪


▼オンライン事前予約
https://www.e-tix.jp/yayoi-yumeji/


▼竹久夢二美術館
https://www.yayoi-yumeji-museum.jp/yumeji/outline.html
  • 夢二がいざなう大正ロマン ―100年前の文化と女性を中心に―
  • 夢二がいざなう大正ロマン ―100年前の文化と女性を中心に―
  • 夢二がいざなう大正ロマン ―100年前の文化と女性を中心に―

このイベントの投稿者

KIMONO BIJIN

  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • 日本
女の子の着物メディアKIMONO BIJIN

イベント情報