• 2018年10月18日16:31:10更新

第1回 ハンドメイド着物ファッションレポート ◆秋のゴブラン柄着物◆

着物や帯、和装小物を制作しています。
ハンドメイドの楽しさをお伝えしたいと思います。

第1回目は、ベージュ系のゴブラン柄の着物です。

生地自体は、綿のダブルガーゼにプリントされたものなので、軽くて着やすいです。
とても気に入って買った生地なのですが、柄合わせが難しかったです。。
Sサイズなのに5メートルで足りませんでした。(110cm幅の生地)
全部の柄を合わせる事は出来ないので、目立つ部分はなるべく合わせるようにしました。

半襟は茶色の生地にレース生地を重ねました。

髪飾りは造花にアメピンやクリップを接着剤で付けたものです。
秋色が綺麗です。

帯締めは、余っていた黒いレースで、端の縫い目が見えるとこを手で塗っただけです。

帯揚げはシワ加工のグリーンのスカーフ、帯留め飾りはアンティークっぽいブローチを使いました。

帯は茶色い生地でお太鼓の作り帯を作りました。
後ろ側に大きいお花の刺繍を付けています。
刺繍パーツは接着剤で付けても良いと思うのですが、取れなくなるので、、今回は外せるように手で縫い付けました。

まだ9月ですが、秋の色を楽しむ事が出来ました。
お太鼓の作り帯は、やまもとゆみさんの本を参考に作っています。
簡単に作れますので、好きな生地で作ってみてくださいね。


また次回も見て頂ければ嬉しいです。
ありがとうございました。

Photographer Taeko Minamizono
Model Kaori Yoshinaga

この記事のライター

関連する記事

カテゴリ一覧

着物アクセスランキング

先週の記事ランキング

もっと見る

着物おすすめ

記事おすすめ

もっと見る